H2 Transmission

本・漫画・資格・PC・自分用メモなどを書く雑記ブログ

評価(★★★★★)

【書評】パナソニック人事抗争史:岩瀬達哉

松下幸之助が好きなので、松下幸之助が書いた本は数冊読んできました。 一番好きなのはやはりコレ 道をひらく 作者: 松下幸之助 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 1968/05 メディア: 文庫 購入: 42人 クリック: 420回 この商品を含むブログ (143件) を見…

【書評】シンプルに考える:森川亮

元LINE株式会社の社長だった森山さんが書いた本です。 評判が良い本です。 読む予定はなかったのですが、急遽読みたくなって購入しました。 タイトル通り内容もとてもシンプルに書かれているため読みやすいです。 なるほどということが多く書かれていました…

【書評】あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」を読みました。 日経新聞で本の広告が掲載されていて気になったので買ってしまいました。 読んでみてなるほどということが多かったです。 今まで考えていると思っていたことは、考えていなかったんだと・・ 学ぶことと…

【書評】本音で生きる:堀江貴文

堀江さんの本が発売されたので、さっそく買って読みました。 読み始めたら面白くて、2~3時間で読み終えてしまいました。 堀江さんの本はだいたい途中で飽きることなく、一気に読破してしまっている気がします。書いていることはすごくシンプルなので読み…

【書評】「学力」の経済学:中室牧子

久しぶりの更新になります。 体調を崩しました。 体調を崩している間は多少時間もあったのですが、その時間って意外と本とか読めないものですね・・ 意欲がわかなかったです。 以前、購入していた「学力」の経済学は結構前に読み終えたいたのですがその感想…

『何者』:朝井リョウ

直木賞受賞作の「何者」が文庫ででていたので買って読みました。 就活をする学生たちの物語?だったのですが、一気に読んでしまいました。 今っぽくツイッターやネットの闇みたいなものをわかると思いますし、色々と書くにあたって取材しているんだと思いま…

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

タイトルを見たら、引きこもりから脱出する方法って受け取っちゃう可能性もあるけどそんな内容ではありません。 人と接するときの、根本を書いている本だと思います。 自分に悪いことが起こったとき、それが例えば誰かのせいであったときはたいていは、その…

『手紙』:東野圭吾

何週間か前に読んだ本なんですが、この本は読んでよかったです。 ボリュームも結構あるので、読むのに時間かかるかなと思っていたんだけど、読み始めたら先が気になってあっというまに読み終わってしまいました。 殺人犯の弟の話なんだけど、実際もこんな状…