H2 Transmission

本・漫画・資格・PC・自分用メモなどを書く雑記ブログ

ParallelsDesktopでCentOSLinuxを入れてNetbeansでJavaを動かす

普段はMacを使っているのですが、たまにWindows環境も必要なのでParallelsDesktopの有料版を購入してWindowを動かしています。

ブートキャンプで入れることも考えましたが切り替えがめんどくさいので購入に踏み切りました。

動きももっさりすることなく快適に使えています。

今回はCentOSを使用する必要が出てきたのでParallelsDesktopにもうひとつ仮想環境を作ることにしました。

無料版のLiteでも試しましたが今の所そっちでも問題なく動きますね。

まずはCentOSのイメージを以下のサイトからダウンロードします。

Parallelsの場合、イメージがなくてもParallelsのウィザードから入れることができましたがユーザーなど勝手に初期値を決められてしまうため、イメージから入れなおしました。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7/isos/x86_64/

Parallelsへのインストールはスムーズにいくと思います。

続いて、CentOSJavaを動かせるようにします。

今回はNetbeans8.2とJava1.8を入れることにします。

セットになっているものがあるのでバラバラにいれるより楽な気がしたため以下のサイトからshファイルをダウンロードしました。

JDK 8u111 with NetBeans 8.2

端末から上記でダウンロードしたファイルを実行します。

上記のダンロードファイルがあるディレクトリまで移動して以下のコマンドを実行します。

sudo sh jdk-8u111-nb-8_2-linux-x64.sh

これでインストールが完了です。

私の環境ではこれで環境構築ができました。

ただ、少しレイアウトが崩れていて文字が半分隠れたりしているので直したいと思っています。(どう直すのか・・)

フォントも見づらいため変更が必要ですね。