H2 Transmission

本・漫画・資格・PC・自分用メモなどを書く雑記ブログ

AppleWatchSeries4におすすめのベルトとは

AppleWatchSeries4を購入してからもうすぐ3か月が経とうとしています。

AppleWatchの魅力の一つとしてあるのがベルトの交換だと思います。

純正品がやはり洗練されていてベストだと思いますが、簡単にベルトが変えられるので気分によって頻繁に変えたい願望が私にはあります。

ということで数ヶ月の間に私が購入したベルトについて書いていこうと思います。

購入したのは純正品ではなくサードパーティ製のものです。

1.ミラネーゼループのブラック 

 ベルトを調べていて一番人気がありそうなのがこのベルトでした。

服の裾に金属が引っかかって、裾がぼろぼろになるというレビューもありましたが私が装着している間にはそれは起きませんでした。でも、品質にはばらつきがありそうなので注意は必要なのかもしれません。

個人的な感想ですが、44mmサイズなのもあるかもしれませんがちょっとベルトがきゃしゃな感じがしました。あとは磁石での固定だったので気持ち的に取れてしまうのではないかという不安もあり、現在はほとんど使用していません。

純正だったら安心できる品だと思います。

 

2.ステンレス スチールバンド

 もともとの使用していたアナログの時計はステンレスのバンドだったので、次にこのベルトを購入してみました。

評価も高そうだったJEDirectのブラックをチョイス。

ベルトの調整は簡単に行えました。ただステンレスバンドの弱点としては微調整ができません。私の腕にちょうとフィットしたサイズへの調整ができませんでした。

一つ多くすると緩く、一つ減らすとちょっときついという状況・・・

残念ながらほとんどせずに家で眠っています。そのうちつけることはできるでしょう。

見た目のデザインとしてはよかったので残念でした。

 

3.エルメス風本革レザーバンド

 次に購入したのはレザーバンドです。

Appleで純正でも販売されているエルメスのデザインに酷似しているものを購入しました。このデザインは普通のレザーバンドより私はおしゃれに感じたためです。

この商品は現在のところ私の中で一番のオススメです!

寝ているときもしていますがあまり気になりません。

これから暖かくなるにつれてどう感じるかはまだわかりませんが。

見た目も値段にしては安っぽくなく、他の人からはエルメスのバンド!?と間違われることもあります。

まとめ

現在は、最後に紹介したエルメス風のレザーバンドと、純正のNikeモデルのデフォルトでついているバンドを使いまわしています。

購入当初は画面に保護シールを貼ろうかと思っていましたがレビューの評判も悪かったので購入せずなにも貼らず使っていました。今もとくに問題なさそうなので保護シートはつけずに使い続けようと思います。

次に狙っているのはアウトドアとかするときように本体と画面の保護性能が高いものの購入を予定しています。

この記事は少しでも迷っている人の参考になればよいと思います。